超音波画像診断装置 | 大阪府茨木市の内科・消化器内科・胃腸科・循環器内科・内視鏡センター(胃カメラ 大腸カメラ) - よしだ内科

よしだ内科

大阪府茨木市新中条町12-24 TEL:072-631-1117 阪急電車京都線・大阪モノレール 南茨木駅 北側 徒歩10分

診療のご予約

検査/健診の受付・お問合せ

院内・設備

ホーム > 院内・設備 > 超音波画像診断装置

超音波画像診断装置

超音波画像診断装置LOGIQ E9 with XDclear
(GE Healthcare)

いわゆる「エコー検査」で、超音波を使用して体内の臓器を描出する画像検査です。主に心臓、腹部、頚動脈、甲状腺などの診断・評価に用いられます。

LOGIQ E9では、Single Crystal技術、Active Matrix Array技術に加えてXDclear技術の搭載により、超音波画像診断装置にとって基本であり最も重要なBモードにおいて最高品位の画質を実現しています。

さらにVolume Navigation機能・Contrast機能により、CT画像と超音波画像をリアルタイムに比較することや、超音波造影剤ソナゾイドを用いてカラードプラでは捕えられない詳細な血流情報を描出することで、肝腫瘤性病変の詳細な局在診断のみではなく鑑別診断までも可能にしています。

エコー画像比較

心臓領域では従来機能に加えてTVI(組織ドプラ)も可能であり、左室内同期不全の評価に有用です。Compare Assistant機能は同一条件下での過去画像との比較を可能にし、より正確性・客観性の高いフォローアップにつながります。

第2診察室にもエコー装置を配備しています。腹部、甲状腺の検査が可能です。さらに、軽量・小型のノート型装置であるため往診での利用も可能です。

ページトップへ